カードローンでの借り入れの情報共有について

カードローンを作ったことがある人はご存知だと思いますが、カードローンごとに借り入れの限度額が設定されています。

この額は各個人の信用力などに基づいて設定されています。

信用力が上がれば限度額が上がることもあります。例えば、仮に借入限度額が50万円だとします。

その場合、20社のカードローン会社でカードを作れば、50万✖20で1000万円の借入が出来ると考える人がいるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。

というのは、借入歴は信用情報機関というところで共有されているので、他の会社で借り入れている分もすべて筒抜けになっているのです。

ですから、会社が違えば他の会社で借りている分はわからないだろうと考えるのはまったくナンセンスです。

すべて知られているというように理解しておきましょう。このように信用情報機関というものがあり、それぞれの金融会社はその情報を共有できるシステムになっています。何だか裏でつながっているように感じる人もいるかもしれませんが、実際、そういうつながりがあるのです。

ですから不必要に借り入れをすると、信用情報機関にそれが全部記録されているので、新規の貸し出しを断られる可能性が高くなります。

関連記事

    カードローン選びのポイントとは?

    初めてカードローンを利用する場合、数多くある中から、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。そんな時は、まず、自分にどのカードローンがあっているのか考え、その上で、審査の申し込みを行う事をお勧めします。 まず、第一に専業主婦の場合は、無条件で銀行カードローンへの申し込みになります。これは、消費... 記事を読む

    入力ミスや正確性などは意外と大切

    業者に対する申込手段は、複数用意されている場合があります。1種類とは限らない訳です。 金融業界もそれは同じで、昨今ではウェブで申込を行う方々が目立ちます。キャッシングもそれは同様で、大抵は入力フォームが用意されている訳です。勤続年数や勤め先など色々な情報を入力した上で、金融会社に対してデータ... 記事を読む

    地方銀行のカードローンを利用しよう

    銀行のカードローンは、初めてお金を借りたいと考えている方にとって、安心感が高くなっています。気になる金利も低く審査もしっかりと行ってもらえるので、返済を考えたときに無理なく返していくことができます。お金を借りることに不安を覚えている人でも、余計な心配がなくなってくるでしょう。 ただ、銀行だと... 記事を読む

    カードローンの申し込みには、無人契約機がお勧め!

    最近では、カードローンの申し込みと言えば、ネットで行う事が一般的になっていますが、昔ながらの方法である無人契約機の利用も捨てたものじゃありません。無人契約機には、メリットも多く、これからも、是非、利用してもらいたい申し込み方法になっています。 まず、無人契約機のメリットは、窓口と違い人に会わ... 記事を読む

    ネットを使ったキャッシングのための証明書類の送り方

    ネット上でキャッシングの申し込みをしている時にも、本人確認書類や収入証明書類の提出を求められることはあります。お金を借りる上では信用第一ですから、申し込みを行おうという人間が現実として存在するのか、借りたお金を返す当てがあるのかと、客観的に証明できなければなりません。キャッシング会社は個人の主... 記事を読む

    アコムとプロミスの上限金利と限度額を比較

    大手の消費者金融で特に利用者が多いのはアコムとプロミスで共に申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。今すぐお金を借りたい時にアコムかプロミスを利用しますが、どちらを選べばいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこでアコムとプロミスのサービス面を比較してみる事にしましょう。 ... 記事を読む

    通りそうかどうかをシミュレーションで確認

    キャッシングの申し込みをする前に、多くの方々は不安を抱えています。通るかどうかが心配な事もあるからです。 確かにこの融資商品は、審査落ちになる事もたまにあります。特に銀行などは、基準が若干厳しめになっているのです。それを考えますと、ちょっと心配になってしまう事もあるでしょう。 また審査落ち... 記事を読む

    初回利用金利0円のキャッシングがおすすめ

    誰しも、手持ちが少ない時に限って、突然現金が必要な場面に出くわすことがあります。 周囲の人にお金を借りて信用関係や自分自身の印象を変えてしまう心配があるのなら、システマティックにキャッシングを利用するのも一つの方法です。 大手キャッシング会社は、タイトルの通り、初めてその会社のキャッシング... 記事を読む

このページの先頭へ